座談会御書講義

妙密上人御消息

座談会御書講義

座談会御書「妙密上人御消息」講義(2024年5月度)

2024/5/7    

金はやけばいよいよ色まさり、剣はとげばいよいよ利くなる。法華経の功徳は、ほむればいよいよ功徳まさる。二十八品は正しきことはわずかなり、讃むる言こそ多く候えと思しめすべし。 金は焼けばいよいよ色が良くな ...

生死一大事血脈抄タイトル

座談会御書講義

座談会御書「生死一大事血脈抄」講義(2024年4月度)

2024/4/12    

相構えて相構えて、強盛の大信力を致して、南無妙法蓮華経臨終正念と祈念し給え。生死一大事の血脈、これより外に全く求むることなかれ。煩悩即菩提・生死即涅槃とは、これなり。信心の血脈なくんば、法華経を持つと ...

兵衛志殿御返事

座談会御書講義

座談会御書「兵衛志殿御返事」講義(2024年3月度)

しおのひるとみつと、月の出ずるといると、夏と秋と、冬と春とのさかいには、必ず相違することあり。凡夫の仏になる、またかくのごとし。必ず三障四魔と申す障りいできたれば、賢者はよろこび愚者は退く、これなり。 ...

座談会御書講義

座談会御書「大悪大善御書」講義(2024年2月度)

2024/2/13    

大事には小瑞なし。大悪おこれば大善きたる。すでに、大謗法、国にあり。大正法、必ずひろまるべし。各々なにをかなげかせ給うべき。迦葉尊者にあらずとも、まいをもまいぬべし。舎利弗にあらねども、立っておどりぬ ...

崇峻天皇御書

座談会御書講義

座談会御書「崇峻天皇御書」講義(2024年1月度)

「中務三郎左衛門尉は、主の御ためにも、仏法の御ためにも、世間の心ねも、よかりけり、よかりけり」と、鎌倉の人々の口にうたわれ給え。あなかしこ、あなかしこ。蔵の財よりも身の財すぐれたり、身の財より心の財第 ...

座談会御書講義

座談会御書「日妙聖人御書」講義(2023年12月度)

2023/12/13  

我ら具縛の凡夫、たちまちに教主釈尊と功徳ひとし。彼の功徳を全体うけとる故なり。経に云わく「我がごとく等しくして異なることなし」等云々。法華経を心得る者は釈尊と斉等なりと申す文なり。 私たち煩悩に縛られ ...

座談会御書講義

座談会御書「寂日房御書」講義(2023年11月度)

2023/11/10    

かかる者の弟子檀那とならん人々は、宿縁ふかしと思って、日蓮と同じく法華経を弘むべきなり。法華経の行者といわれぬること、はや不祥なり、まぬかれがたき身なり。 このような日蓮の弟子檀那となる人々は、宿縁が ...

座談会御書講義

座談会御書「報恩抄」講義(2023年10月度)

2023/10/6    

日本乃至漢土・月氏・一閻浮提に、人ごとに有智・無智をきらわず一同に他事をすてて南無妙法蓮華経と唱うべし。このこといまだひろまらず。一閻浮提の内に仏の滅後二千二百二十五年が間、一人も唱えず。日蓮一人、南 ...

御義口伝

座談会御書講義

座談会御書「御義口伝」講義(2023年9月度)

2023/9/9    

御義口伝に云わく、「大願」とは、法華弘通なり。「愍衆生故」とは、日本国の一切衆生なり。「生於悪世」の人とは、日蓮等の類いなり。「広」とは、南閻浮提なり。「此経」とは、題目なり。今、日蓮等の類い、南無妙 ...

四条金吾殿御返事

座談会御書講義

座談会御書「四条金吾殿御返事」講義(2023年8月度)

苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思い合わせて南無妙法蓮華経とうちとなえいさせ給え。これあに自受法楽にあらずや。いよいよ強盛の信力をいたし給え。 苦を苦と覚り、楽を楽と開き、苦も楽もともに ...

© 2024 御書研鑽しよう会