座談会御書講義

座談会御書講義

座談会御書「経王殿御返事」講義(2022年9月度)

2022/9/5    

ただし御信心によるべし。つるぎなんども、すすまざる人のためには用いることなし。法華経の剣は、信心のけなげなる人こそ用いることなれ。鬼にかなぼうたるべし。  ただし(御本尊に偉大な功力があるといっても、 ...

妙密上人御消息

座談会御書講義

座談会御書「妙密上人御消息」講義(2022年8月度)

2022/8/19    

日本国の中にただ一人、南無妙法蓮華経と唱えたり。これは須弥山の始めの一塵、大海の始めの一露なり。二人・三人・十人・百人、一国・二国、六十六箇国、すでに島二つにも及びぬらん。今は謗ぜし人々も唱え給うらん ...

四条金吾殿御返事

座談会御書講義

座談会御書「四条金吾殿御返事」講義(2022年7月度)

日蓮は少きより今生のいのりなし。ただ仏にならんとおもうばかりなり。されども、殿の御事をば、ひまなく法華経・釈迦仏・日天に申すなり。その故は、法華経の命を継ぐ人なればと思うなり。  日蓮は若い時から今生 ...

四条金吾殿御返事

座談会御書講義

座談会御書「四条金吾殿御返事」講義(2022年6月度)

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちい給うべし。「諸余の怨敵は、みな摧滅す」の金言むなしかるべからず。兵法・剣形の大事もこの妙法より出てたり。ふかく信心をとり給え。あえて臆病にては叶うべからず候。  ど ...

開目抄,御書講義

座談会御書講義

座談会御書「開目抄」講義(2022年5月度)

2022/5/1    

我ならびに我が弟子、諸難ありとも疑う心なくば、自然に仏界にいたるべし。天の加護なきことを疑わざれ。現世の安穏ならざることをなげかざれ。我が弟子に朝夕教えしかども、疑いをおこして皆すてけん。つたなき者の ...

四菩薩造立抄

座談会御書講義

座談会御書「四菩薩造立抄」講義(2022年4月度)

2022/4/3    

総じて、日蓮が弟子と云って法華経を修行せん人々は、日蓮がごとくにし候え。さだにも候わば、釈迦・多宝・十方の分身・十羅刹も御守り候べし。 総じて日蓮の弟子といって法華経を修行する人々は、日蓮のようにしな ...

座談会御書講義

座談会御書「妙一尼御前御消息」講義(2022年3月度)

  法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる。いまだ昔よりきかずみず、冬の秋とかえれることを。いまだきかず、法華経を信ずる人の凡夫となることを。経文には「もし法を聞くことあらば、一りと ...

一生成仏抄

座談会御書講義

座談会御書「一生成仏抄」講義(2022年2月度)

2022/2/9    

衆生というも仏というも、またかくのごとし。迷う時は衆生と名づけ、悟る時をば仏と名づけたり。譬えば、闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるがごとし。只今も、一念無明の迷心は磨かざる鏡なり。これを磨かば、必ず法性真如 ...

持妙法華問答抄タイトル

座談会御書講義

座談会御書「持妙法華問答抄」講義(2022年1月度)

2022/1/5    

寂光の都ならずば、いずくも皆苦なるべし。本覚の栖を離れて、何事か楽しみなるべき。願わくは、「現世安穏、後生善処」の妙法を持つのみこそ、ただ今生の名聞、後世の弄引なるべけれ。すべからく、心を一にして南無 ...

座談会御書講義

座談会御書「聖愚問答抄」講義(2021年12月度)

2021/12/10    

されば一遍此の首題を唱へ奉れば一切衆生の仏性が皆よばれて爰に集まる時我が身の法性の法報応の三身ともに・ひかれて顕れ出ずる是を成仏とは申すなり、例せば籠の内にある鳥の鳴く時・空を飛ぶ衆鳥の同時に集まる是 ...

© 2022 御書研鑽しよう会