ONE GOSHO

【ONE GOSHO】四条金吾殿御返事

四条金吾殿御返事タイトル

法華経の信心を・とをし給え・火をきるに・やすみぬれば火をえず、強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ

法華経の信心を貫き通しなさい。火を起こすのに、途中で休んでしまったなら、火を得ることはできない。強盛の大信力を出して、法華宗の四条金吾・四条金吾と、鎌倉中の上下万人をはじめとして、日本国の一切衆生の口にうたわれていきなさい。

背景

「四条金吾殿御返事」は、在家信徒の中心的存在であった四条金吾に宛てられた数あるお手紙のうちの一つです。

御書全集では、見開き1ページと少しという比較的短い御書ですが、前半部分は非常に難解です。

その前半部分に、「煩悩即菩提」や「生死即涅槃」について書かれているために、別名「煩悩即菩提御書」と呼ばれています。

日蓮大聖人は、首をきられそうになるという竜の口の法難、生きながらえることすら難しいと思われるような僻地だった佐渡への流罪と、命に及ぶ究極の難にあわれていましたが、大聖人の弟子たちもさまざまな迫害を受けていました。

追放や所領没収などの処分を受けた弟子たちの多くは、法華経を疑って退転してしまいます。

この御書は、そんな時、流罪先の佐渡まで遠路はるばるたずねてくれた四条金吾へのお礼の意味を込めて大聖人が送ったものだとされています。

大聖人は御書の冒頭、四条金吾の振る舞いを賛嘆するとともに、ご自身がとんでもない目にあってきたことについては「悔しいとは思わない」いや、むしろ「これほどすばらしい人生はない」とおっしゃいます。

では、大聖人が、そこまでして命がけで広めてきたものとは何だったか。

それはすなわち、全ての人を幸せにすることができる唯一の法、南無妙法蓮華経です。

そして、この教えがいかにすごいかということを記されていきます。

最後に、信心を持続していくことの大切さをのべられて、また、四条金吾の戦いを影で支えてきた奥さんとは、さらに力を合わせて信心にはげみなさいとのご指導で本抄を結ばれています。

解説

まず始めに「法華経の信心をとおしたまえ」とあります。

「とおす」とは、つまり「やりとおす、つらぬきとおす」という意味であり、「持続の信心」のことです。

大聖人はそのことを道具を使って火を起こす作業にたとえて、「火をきるに、やすみぬれば火をえず」とおっしゃっています。

火を起こすために木を擦り合わせていても、途中で手を休めてしまっては、火は燃えない。

「火をだす」と決めたなら、火が出るまで、勢いよく作業をし続けなければなりません。

私たちの信仰も同じです。

途中で手を抜き、あきらめてしまえば、いつまでたっても結果がでません。

弟子たちの苦境をご存じの上で、「信心は最後の最後までやり通すものだ」ということを大聖人は教えてくださっているのです。

つぎに、「強盛の大信力をいだして」と呼びかけられています。

信力とは、仏法を信じる心の強さのことです。

強く信じることで、働きが強くなるのが私たちが信仰している仏法です。

例えば、同じつりがねでも、弱く叩けば弱く響き、強く叩けば強く響くようなものです。

どうせ同じ信心をするのならば、大確信をもって、絶大な功徳をいただいたほうがいいに決まっています。

そして大聖人は「法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ」と励まされています。

「法華宗の四条金吾」とは、「日蓮大聖人門下の四条金吾」という意味です。

多くの弟子たちは「日蓮大聖人の門下」であることを理由に弾圧されていました。

その上で「大聖人の門下はすごいな」と言われるようになりなさいというご指導なのです。

正しい信仰は、正しい人間のありようとなって、現実世界に現れなければなりません。

それを「信心即生活」「仏法即社会」と言います。

現実社会の中で、周囲からの信頼を勝ち取ってこそ、正しい仏法の証明となるのです。

「創価学会の〇〇さんって、やっぱりすごいな!」と言われるような、誰の目にも明らかな勝利の実証を打ち立てていこうではありませんか。

池田先生は、新・人間革命第22巻「命宝」の章で、このようにつづられています。

「常に、どこにあっても、大聖人の弟子と名乗り、胸を張れるか。現代で言えば、創価学会員として胸を張り、その使命に生き抜き、それぞれの道にあって、賞賛を勝ち取ることができるかどうかが、勝負となるのだ」

まとめ

妙法を保ち実践する人には必ず障魔が競い起こります。

苦境の中でこそ強盛な信心を燃え上がらせてるのが日蓮仏法の神髄です。

そしてどんな難に対しても創価の誇りを胸に敢然と立ち向かい勝利してまいりましょう。

-ONE GOSHO
-,

© 2020 御書研鑽しよう会